« Ubuntu 10.10にFirefox4をインストール | トップページ | Ubuntu 11.04 正式版がリリースされました »

2011年4月 7日 (木)

Ubuntu 11.04 Beta1を試してみた

最新のUbuntu 11.04 Natty、Betaリリースからぼちぼちと弄ってきましたが・・・
肝心のGMA500ドライバの対応が不十分で、今のところTypePで動かすのは難しいです。

起動について

インストールは問題なく行えたのですが、色々と挙動は不安定です。
起動するとグラフィックアクセラレータが効いていないためか、Unityの画面ではなくこれまでのDesktop版と同じような画面で立ち上がります。
それでも一見順調に動いているように思えたのですが、色々と(特にパネル周り?)を弄って再起動してを繰り返していると、アプレットが起動しなくなったり、パネルごと表示さなくなったりで、酷い目にあってしまいました。

これらの現象は、使い始める前にアップデートすることでだいぶ軽減されるようなので、正式リリースまでには問題なくなっていると思います。
なおアップデートする際は、GUIのアップデートではうまく動きませんでしたので、端末からコマンドで行う必要があります。

前回の記事に書いた無線LANの件は、「非表示無線ネットワークに接続」から行ったら正常に設定できました。
久しぶりだったので、操作を忘れていたのかも・・・?



GMA500ドライバの導入

まだ最新の環境への対応が完了していないようで、動作させるには至りませんでした。
どうもxorgのバージョンは1.10限定で、さらにカーネルを10.10のものにダウングレードしなければいけません。
ダウングレードも行ってみたのですが、既にxorgのバージョンが上がってしまっていたためか起動できなくなってしまいました。

そんなこんなで導入手順が確立できていない上、今できても正式リリース時には使えなくなってしまいそうなので、管理人はあまり真面目にやっていません。
それでも挑戦するという方はGMA500 Teamのページを参照してみてください。
リポジトリの登録が sudo add-apt-repository ppa:gma500/psb110 に変更になっている点は注意です。



そのほか気になったこと

Officeやメディアプレイヤーが変更になっていて、おおっ?と思いますが、使い勝手はそれほど変わらない模様。
Firefoxが最新の4になっていたり、ドキュメントビューワが素で日本語pdfに対応していたりと、個々のアプリは順調に進化しています。

何より一番びっくりしたのは、各アプリのメニューがパネルに表示されるようになったことです。
管理人はパネル1つにしているためかなり抵抗を感じたのですが、アプリからメニューバーがなくなっていますので、素直に上下パネルにしてもウィンドウ領域は変わらないことに気づきました。
それでも気に入らんという方は、メニューのアプレットを削除してしまえば旧来の表示に戻すこともできるようです。



まとめ

あくまで管理人の意見ですが、頑張ってバージョンアップする程のメリットは感じられませんでした。
Beta1の感触もリリース後1月位は様子を見て、安定するのを待った方が良さそうです。
あとはGMA500ドライバの対応に期待ですね!




にほんブログ村 IT技術ブログ Linuxへ
にほんブログ村

WWW を検索 ブログ内検索





« Ubuntu 10.10にFirefox4をインストール | トップページ | Ubuntu 11.04 正式版がリリースされました »

Ubuntu11.04」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1302387/39516432

この記事へのトラックバック一覧です: Ubuntu 11.04 Beta1を試してみた:

« Ubuntu 10.10にFirefox4をインストール | トップページ | Ubuntu 11.04 正式版がリリースされました »