« Ubuntu 10.10でウィルス対策(常駐保護編) | トップページ | 2ちゃんねるブラウザJDのインストール »

2010年11月 7日 (日)

Ubuntu10.10にMozc(Google日本語入力)をインストール

早くも公式リポジトリに採用された、Google日本語入力オープンソース版、Mozcを10.10にもインストールしてみました。



インストール

公式リポジトリということで、下記のコマンドを入力するだけでインストールできるようになりました。

sudo apt-get install ibus-mozc

ただし、Mozcがソースのみ公開となった時から精力的にリポジトリを公開してきた憩いの場さんのMozcの方が、拡張辞書やバグフィックスなどの面で優れています。
むしろ管理人は、既にこちらのアイコンでないとしっくりこなくなっています(雲って何さ)。
こちらを使う場合は、リンク先の「Ubuntu 10.10」をクリックして設定ファイルのパッケージをダウンロードし、設定をインストールするとリポジトリが追加されますので、それからibus-mozcを導入してください。
既に公式のMozcが入っている場合は、アップデート時に更新されます。

(2010/11/09追記)
アップデートマネージャで更新していると、裏でアイコン書き換える?と聞いたまま停止してしまうことに気づきました。
進行が止まってしまったら、詳細画面を開いて確認してください。


なおこのリポジトリには憩いの場のSawaさんがメンテした他のパッケージも含まれますので、アップデート時に標準環境を更新します。
システム全体に影響を与えるものではありませんが、気になる方は使用を控えた方が良いかもしれません。
詳細はリンク先にて確認してください。



設定

インストールが完了したら、標準のAnthyから切り替えます。
一旦リブートしてから、システムメニューから設定のキーボード・インプットメソッドを開いてください。
インプットメソッドタブにある「インプットメソッドの選択」でMozcが選べるようになっていますので、選んだ後で追加ボタンをクリックし、さらにリストの一番上にしておいてください。

また言語パネルはデフォルトで表示されなくなっていますので、出したい方は一般タブの「言語パネルの表示」をアクティブな時にしてください。
デフォルトのメニューに組み込むは実際に機能しておらず、Mozcの設定や辞書ツールはメニューに表示されませんので、頻繁に利用する方は言語パネルを出しておいたほうが良いでしょう。
下記のコマンドをシステムメニューに入れておいて、代用しても良い感じです。

Mozcの設定 … /usr/lib/mozc/mozc_tool --mode=config_dialog
辞書ツール … /usr/lib/mozc/mozc_tool --mode=dictionary_tool



ユーザ辞書の追加

辞書ツールではIMEやATOK形式の辞書ファイルのインポートにも対応していますが、最近ではMatsuConさんのようにGoogle日本語入力専用の形式で顔文字辞書を提供してくれるサイトも増えてきました。
管理ボタンから簡単な操作で辞書に取り込めます。

さっそく管理人も入れてみました。
「@も」でTabキーを押すと…∩(´・ω・`)つ―*'``*:.。. .。.:*・゜゚・* もうどうにでもな~れ





にほんブログ村 IT技術ブログ Linuxへ
にほんブログ村

WWW を検索 ブログ内検索




« Ubuntu 10.10でウィルス対策(常駐保護編) | トップページ | 2ちゃんねるブラウザJDのインストール »

Ubuntu10.10アプリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1302387/37586427

この記事へのトラックバック一覧です: Ubuntu10.10にMozc(Google日本語入力)をインストール:

« Ubuntu 10.10でウィルス対策(常駐保護編) | トップページ | 2ちゃんねるブラウザJDのインストール »