« Gallium3D対応GMA500ドライバは延期確定 | トップページ | MeeGoに大苦戦 »

2010年6月 1日 (火)

Ubuntu10.04用GMA500ドライバのインストール方法が変更されています

実は結構前から変更されていたのですが、ドライバがそれほど改善されていないのでお伝えしていませんでした。
ですがいつまでも昔のスクリプトのままというのも何なので、最新の方法を記載します。

GMA500チームの情報は、下記のページとなりました。

http://code.google.com/p/gma500/wiki/PPARepository

コマンドはリポジトリを使ったものへと変更されています。

sudo add-apt-repository ppa:gma500/ppa
sudo apt-get update
sudo apt-get install poulsbo-driver-2d poulsbo-driver-3d poulsbo-config


grubの設定も1つ増えています。
端末から sudo gedit /etc/default/grub で設定ファイルを開き、GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULTの値にmem=976mb acpi_osi=Linux を加え、"quiet splash mem=976mb acpi_osi=Linux"にしてください。
memの値は本体の物理メモリから48MB引いた数字なので、メモリ2GBの人は mem=2000mb となります。


現在のドライバの状況はパネルの背景が描画されるようになった程度で、前回試した時からほとんど進展はありません。
慌てても仕方ないので、のんびり待ちましょう!





にほんブログ村 IT技術ブログ Linuxへ
にほんブログ村

WWW を検索 ブログ内検索




« Gallium3D対応GMA500ドライバは延期確定 | トップページ | MeeGoに大苦戦 »

過去のUbuntu」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Ubuntu10.04用GMA500ドライバのインストール方法が変更されています:

« Gallium3D対応GMA500ドライバは延期確定 | トップページ | MeeGoに大苦戦 »